CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今日は指揮について
 今日は具体例をあげて指揮の仕方について。
 一応昨日のTBがタイムリーなので例にあげさせてもらおうかなと思います。もし不都合あったらやめますからコメントにでも書いておいてください。

 まずTBが防衛でSOLが布告無しで攻め開始。ここで前衛にはPKモード、エルフにはCtrl+TABで撃つ指示が必要になります。布告無しの相手には強制PKモードになりませんし、旗も立たないのでいちいち確認する必要がありますし、攻撃するにはPKモード状態にするしかありません。それが前述の二つのやり方になります。

 次に途中は見てないので、撤退後の反応についてです。まず確認する事は時間と相手のプリの動向です。時間が十分にあると判断すれば、普通に攻め返しでよくなりますが、あの時間だとおれの判断は”時間がない”という状態でした。ちなみに残りは15分です。また、相手は布告がないので、別にプリを用意しなければなりません。昨日の場合は”捨てキング”ですね。クランは城を持ってない布告プリでなければ取れませんし、GTを倒すのは布告クラン員でしか倒せません。昨日の場合は全員SOLにjoinと考えてよいので、プリさえ通さなければOKです。プリの所在がわからない場合、まずプリを探すのが先決となるでしょう。まずプリがGTに達していない場合、すぐに門付近での排除が基本となります。これは”時間がない”状態でもあり、かなり有効な手段になります。相手が遊撃隊を送ったとしても、撤退させるまでかなりの時間を稼げます。
 次に、プリがGTに達していた場合ですが、この場合GT壊すのはプリなわけですから、すぐさまエルフ隊を配置してプリ狙いとなります。GTをよく狙えるのは、ドワ城GTの場合右上からか、左下からになります。おれなら右上からをお勧めします。これで、運よくプリを殺すことができればそこで布告解除となりますし、殺せなくてもGTに近づけさせないだけで守れます。ただ、やはり慣れが必要な場面でしたし、すぐさま判断するのは難しい事でしょう。指揮官というのは、常に冷静でなければなりませんし、正確な判断が必要です。人によっても違うと思いますが、一つ参考にしていただければなと思います。
| リネージュ | 00:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
<< | 2/31PAGES | >>